副業は会社によっては禁止されている場合があるので注意

最近人気の副業と言えば、やはりネットビジネスに関連したものです。たとえばアフィリエイトや転売ビジネス、広告収入など、うまくいけば本業よりも稼げる可能性を秘めています。
ただ一つ気をつけなければいけないことがあります。それは勤め先が副業を禁止している場合です。近年は認めているところも増えてきましたが、それでも副業を禁止している会社の方が多いです。どこまでの副業を禁止しているかは会社にもよりますが、バレてしまえば大目玉を喰らってしまうかもしれません。
下手をすれば本業を辞めさせられてしまう恐れもゼロではないです。なので副業に挑戦する際はバレないように細心の注意を払う必要があります。しかしリスキーなことに変わりはないので、一番いいのは副業オーケーの会社に転職することです。これなら何の問題もなく副業に挑戦することができます。
とはいえ実際問題、会社にバレてしまったところで、人によっては何の問題もありません。というのも会社にバレてしまうときは、副業で稼げている頃だからです。むしろ副業で月数十万から数百万稼いでいるからこそ、会社側に「あれ?おかしいぞ」と不審に思われバレてしまうのです。
どういうケースでバレるのかというと、たとえば確定申告に関することです。副業でも大金を稼いだら確定申告をする必要があり、これを忘れていれば税務署から会社に連絡が入ることがあります。この連絡によって会社に副業をしていたことがバレます。
あとはブログやSNSなどで副業をしていることをうっかりと書いてしまい、バレるといったパターンもあります。本名でやっていなければバレる可能性は少ないですが、もし同僚がアカウント名を知っていれば、嫉妬心から会社に告げ口するということもありえるため気を付けた方が良いでしょう。
そして副業をするにあたって、一番気をつけなければいけない職業は公務員です。なぜかというと公務員の場合、そもそも法律で副業をしてはいけないと定められているからです。なので公務員が副業をするのは、サラリーマン以上にリスクがあります。
もし公務員で副業をしたいと思っているなら、まずは副業を認めている会社に転職するところから始めましょう。わざわざ法律を犯すリスクを背負う必要はありません。安全を確保してから副業に挑んだ方が賢明です。
このように副業にはいろいろと注意しなければならないことがあります。始める前には副業オーケーかどうかよく確認しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です